ファミリークローゼットが便利!おすすめの間取りも紹介

住まいのコラム

MENU

2021年12月14日

ファミリークローゼットが便利!おすすめの間取りも紹介

ファミリークローゼットが便利!おすすめの間取りも紹介
最近、人気の間取りの一つが、家族の衣類を1箇所にまとめられるファミリークローゼット。家事動線を意識して設置することで、家事効率があがり、無駄を省くことができます。今回はファミリークローゼットをつくるメリットや、おすすめの間取りについてご紹介していきます。

ファミリークローゼットをつくるメリット

新築住宅の間取りにファミリークローゼットをとりいれるとどんなメリットがあると思いますか?

・家事効率がアップする
・子どもの着替をサポートしやすい
・部屋が散らかりにくくなる

それぞれ詳しく解説していきます。

家事効率がアップする

家事導線を意識してファミリークローゼットを設置することで家事効率が格段にアップします。
たとえば、ランドリールームや物干し場とファミリークローゼットを隣り合わせに設置すれば「洗濯物を干す、取り込む、収納する」の一連の動作を家の中の限られたスペースの中で、行うことができます。そのため時間も手間も省くことができます。

子どもの着替えをサポートしやすい

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭に嬉しいのが、子どもの着替えをサポートしやすいという点です。
家族の衣類が一箇所にまとまっているので、自分の着替えをしながら、子どもの着替えもサポートすることができます。子どもの洋服をとりに違う部屋にいくなどの手間がなくなりスムーズに支度を終えることができるので朝の忙しい時間にも余裕が生まれますよ。

部屋が散らかりにくくなる

ファミリークローゼットをリビングに行くまでの動線にいれこめば、外出準備や帰ってきてからの着替えやカバン、バックを片付けるなどの一連の行動をスムーズに行うことができます。
リビングに入るまでに自然と着替えや片付けができるので、「とりあえずここにおいておこう。」ということがなくなり部屋が散らかりにくくなるのは嬉しいですよね。

ファミリークローゼットの間取り例

メリットがいっぱいあるファミリークローゼット。どんな間取りが自分達家族にあっているのか、間取り例をみていきましょう。

リビングとつなげる

リビングとファミリークローゼットをつなげると、朝の支度などもスムーズに行うことができます。
例えば、朝の支度の準備が重なりファミリークローゼットの中で全員が着替えられない場合、リビングとつながっていれば、洋服だけもってリビングに移動し、そこで着替えをすることも可能です。

洗面脱衣所とつなげる

洗面脱衣所とつなげると、乾燥機付きの洗濯機を使用している場合、洗濯から洋服を収納するところまでがほぼ同じ場所で行うことができます。洋服を持っての移動がなくなるので家事時間も短縮できる点が嬉しいメリットです。

バルコニーとつなげる

洗面脱衣所同様、バルコニーとファミリークローゼットをつなげておけば、洗濯を取り込んですぐに収納場所に運べるので、無駄な動作がありません。

玄関とつなげる

玄関やシューズクロークとファミリークローゼットをつなげておけば、外出前の身支度や帰宅後の着替え、コートやバックの片付けをリビングや各部屋に入る前に行うことができるので、部屋が散らかることがありません。
収納する場所がきちんと決まっている、必ずその場所を通ることで後回しにすることなく自然と片付けもできるようになります。子どもの片付けの習慣づけにもピッタリです。

まとめ

今回は、ファミリークローゼットのメリットとおすすめの間取りについてお伝えしました。家事動線の短縮や家事効率のアップなど家事をする人にも、そこで暮らす人にも、メリットの多いファミリークローゼット。ウォークイン型やウォークスルー型などタイプもさまざまなので、迷っている方はぜひJhomeへご相談ください。

ご見学や資料請求など、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

0120-39-5050

受付時間:10時~17時 定休日:水曜日
通話無料

資料請求と来場予約で
素敵なプレゼント!

資料請求と来場予約で素敵なプレゼント!