洗濯をラクに!ランドリールームのある間取り

住まいのコラム

MENU

2021年11月19日

洗濯をラクに!ランドリールームのある間取り

洗濯をラクに!ランドリールームのある間取り
最近の家づくりで人気なのが「ランドリールーム」のある間取りです。家事が効率よく進められ、快適な生活ができるという声がよく聞かれます。今回はランドリールームのある間取りをおすすめしたい方や、設計のポイントなどをご紹介します。

ランドリールームとは?

ランドリールームとは「洗う・干す・畳む」などの洗濯のすべての作業を行える場所のことです。
たとえば浴室洗面室の隣にランドリールームをつくると、お風呂のあとに脱いだ衣類はそのまま洗濯機にイン。洗濯がおわったら、その場で物干しバーに干すことができます。ちょっとした作業台を設置すると、洗濯物を畳んだりアイロンがけしたりするスペースに。衣類を収納する棚をつくれば、洗濯物をしまうところまで完結してとても効率的です。

ランドリールームはこんな方におすすめ!

ランドリールームはこんな方におすすめ!
ランドリールームがあると生活が快適になるのはこんな方!ご自身が当てはまるか見てみてください。

基本的に室内干し派!

最近は「外干しは花粉やPM2.5が気になる」「家にいない時間に外に下着を干すのは不安…」といった理由で、室内干しを選ばれている方も多いのではないでしょうか。そんな方には24時間室内干しができるランドリールームをおすすめします。リビングや寝室に洗濯物が並ぶことがなく、お部屋がスッキリ!湿気や部屋干し臭からも解放されて、いつでも気持ちよくカラッと乾きますよ。

帰宅の遅い共働き夫婦

ランドリールームは、夫婦そろって帰宅が遅い共働きのご家庭にぴったり!帰宅が遅くなると、外に干した洗濯物がなんだか少し湿った感じに。日中不在だと、急に雨が降ってきても洗濯物をとりこめませんよね。ランドリールームがあれば、好きな時間に洗濯物を干せてストレス軽減。そして急な雨に焦る必要もなし!せっかく干した洗濯物が濡れて、もう一度洗い直し…なんてことも防げますよ。

生活にゆとりがほしい方

家事動線がぐっと短縮できるのも、ランドリールームのメリット。小さなお子さんのいるご家庭など、生活にゆとりがほしい方にもおすすめです。一般的な洗濯動線は「洗濯機からだした衣類をベランダまで運ぶ」「乾いた洗濯物をとりこんだらリビングまで運ぶ」「畳んでクローゼットまで運ぶ」といったようにムダな動きが多くなっています。ランドリールームなら「洗う→室内干し→畳む・アイロン→収納」がその場で完結。家事がぐんと時短でき、暮らしにゆとりの時間が生まれます。

ランドリールームを設計するポイント

ここからは便利で快適なランドリールームを設計するポイントについてお伝えします。

【ポイント1】家事の手順にあわせた配置を

【ポイント1】家事の手順にあわせた配置を
まずは、自分の家事のしかたを整理しましょう。洗濯機をまわしながら料理をしたい方は、キッチンとランドリールームは隣り合わせに。ランドリールームに衣類をしまうなら、リビングの近くなど家族みんながアクセスしやすい場所がいいでしょう。

【ポイント2】洗面脱衣室と兼用するプランも

【ポイント2】洗面脱衣室と兼用するプランも
家の広さに余裕がない方には、洗面脱衣室と兼用するプランもおすすめ。洗面脱衣室を少し広めにつくり、物干しバーや収納スペースを設けます。ちょっと広いだけで、衣類を脱ぐ→洗う→干すという動線が、洗面室ですべて叶いますよ。

【ポイント3】湿気がたまらない工夫を

【ポイント3】湿気がたまらない工夫を
室内干しで気になるのが、洗濯物の湿気やニオイ。ランドリールームでは湿気がたまらないよう、設計段階で送風や換気の工夫が必要です。窓がなくても、換気扇・部屋干しファン・除湿機などを活用しましょう。

まとめ

リビングが洗濯物で散らかることがなく、家事のストレスも減るランドリールームのある間取り。ご自身のライフスタイルを考えて、広さや収納スペースなどを決めていきましょう。ジェイホームではご家族の暮らし方にあわせた間取りをご提案させていただきます。理想の暮らしや今のお住まいの悩みなど、ぜひお話しをたくさん聞かせてくださいね。

ご見学や資料請求など、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

0120-39-5050

受付時間:10時~17時 定休日:水曜日
通話無料

資料請求と来場予約で
素敵なプレゼント!

資料請求と来場予約で素敵なプレゼント!