住まいのコラム

もっとかわいい子供部屋にしたい!新築住宅で失敗しないポイントは?

もっとかわいい子供部屋にしたい!新築住宅で失敗しないポイントは?
幼児期には個室はあまり必要なくても、小学生・中学生・高校生と精神的に自立してくる時期にはやはり子供部屋が必要になることが多いですよね。今回は新築住宅で子供部屋をつくるときのポイントをご紹介します。

「何に使う部屋か?」を考える

昔は子供部屋というと、夜寝るだけでなく勉強したりくつろいだりする場所でもありました。しかし最近は「小さい頃から、勉強はリビングやダイニングでやっている」というご家庭も増えています。「リビングで家族でくつろぐ時間を大切にしたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「勉強は子供部屋以外の場所でやる」
「リビングなど家族の場所を大切にしたい」
→個室は小さめにして、家族で過ごす場所を広くとる

「自分ひとりの空間で、しっかりと勉強に集中してほしい」
→子供部屋に学習机が置ける広さを確保する

部屋にこもりがちにならないよう、家族とのつながりも考えた間取りに

お子さんのおうちでの過ごし方は、ご家庭によって変わるもの。注文住宅を建てるなら、お子さんの過ごし方や、ご家庭の習慣について今一度考えたうえで、間取りをつくっていきましょう。

子供部屋の間取りアイディア

子どもは幼児期・学童期・青春期と短いスパンで生活スタイルが変わるもの。将来的な生活スタイルの変化まで考えて間取りを考えるのがポイントです。では実際にどのようなプランニングがあるのか、間取りのアイディアをいくつか見ていきましょう。

将来は間仕切りで個室に分ける

将来は間仕切りで個室に分ける
広めの子供部屋を一室つくっておき、小さいうちは子供たち全員で走り回れる空間に。成長したら間仕切り壁をつくったり家具で仕切ったりして、個室をつくるというアイディアです。ドア・照明・窓・収納などは、将来仕切ることを考えて複数つくっておきます。

家族でスタディスペースを共有

家族でスタディスペースを共有
子供部屋はあくまでも「寝室」として使い、勉強するのは共有スペースでというパターンです。子供部屋(個室)に学習机をおく必要はなくなるので、狭めのお部屋でもOK。

リビング学習をするにしても、ダイニングテーブルではなく勉強専用の場所をつくっておくと、食事の前など勉強を中断するときもわざわざ片付けなくてよいので便利です。リビング以外でも、和室にデスクをつくったり、階段の踊り場をスタディスペースとして活用したり、さまざまな方法がありますよ。

かわいい子供部屋をつくるアイディア

せっかく家を建てるなら、使い勝手だけではなく見た目もおしゃれでかわいくしたいですよね。子供部屋をかわいく仕上げるアイディアをご紹介します。

気分が上がるカラフルな壁紙

気分が上がるカラフルな壁紙
賃貸マンションだと、白い壁に白い天井…と味気ない内装が多いもの。新築住宅なら、壁紙も天井も床も自由に選ぶことができます。子供部屋にはかわいらしいパステルカラーの壁紙や、動物柄や乗り物柄など柄物の壁紙など選んでみてはいかがでしょうか。色のトーンを抑えたり、全面ではなく1面だけのアクセントウォールにしたりすれば、成長してからも使えますよ。

造作デスクで広々空間に

造作デスクで広々空間に
共有のスタディースペース+狭めの子供部屋という間取りでも、個室でちょっと書き物などの作業ができるデスクがあるといいですよね。オリジナルで造りつける家具なら、置きたいスペースにぴったりサイズでデスクをつくることができるので、無駄がありません。収納と合わせて造作すると、省スペースで使いやすい子供部屋がつくれますよ。

ハンモックで楽しい子供部屋に

ハンモックで楽しい子供部屋に
天井にハンモックをとりつければ、ゆらゆらとブランコのように遊んだり、ゆったりとくつろいだりできる場所に。他にも「雲梯(うんてい)」などを設置される方もいらっしゃいます。最近はおうちで過ごす時間も多くなっているので、室内で身体を動かせるよう工夫すると、おうち時間も楽しくなりますよ。

まとめ

今回は子供部屋の間取りや内装のアイディアをいろいろと見てきました。どんな子供部屋にしたいか、イメージは膨らんだでしょうか。ジェイホームではお客様のご希望にあわせて間取りや内装などご提案させていただきます。施工事例でさまざまな写真もご紹介しているので、参考にご覧ください。

ご見学や資料請求など、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

0120-39-5050

受付時間:10時~17時 定休日:水曜日
通話無料

資料請求と来場予約で
素敵なプレゼント!

資料請求と来場予約で素敵なプレゼント!