住まいのコラム

MENU

2020年12月10日

おしゃれな注文住宅の照明計画のポイント

おしゃれな注文住宅の照明計画のポイント

マンションや建売住宅の照明計画では、どうしても選択肢が限られてしまうもの。照明の明るさやデザインを変える、あとからテーブルランプを足してみるくらいしか方法がありませんよね。しかし注文住宅では、もっと自由で大胆な照明演出ができます。今回は注文住宅でもっと空間をおしゃれにする、照明計画の基本的なポイントを事例写真とともに見ていきましょう。

【ポイント1】一灯照明と多灯照明

一般的な賃貸アパートなどの照明は、1室に主照明1つという「一灯照明」になっています。明るい照明1つで全体を均一に照らすため、便利ではあるのですが、どこか単調な雰囲気になりがち。

【ポイント1】一灯照明と多灯照明

おしゃれな雰囲気ある空間をつくれるのは、照らしたい場所にあわせていくつかの照明を組み合わせる「多灯照明」という方法。お部屋に陰影ができ、奥行き感が生まれます。

【ポイント2】電球の色

電球の色は大きく分けて「昼光色」「電球色」2種類。こまかく言うと昼光色と電球色の間の色もありますが、ここでは大きな分類で考えていきたいと思います。基本的に「作業したい場所」には昼光色(青白)、「リラックスしたい場所」には電球色(オレンジ)と覚えていただければ大丈夫です。

・昼光色:青白い光→作業したい場所に!
書斎、勉強部屋、化粧する場所、クローゼットなど

・電球色:オレンジっぽい光→リラックスしたい場所に!
リビング、寝室、和室、トイレ、お風呂など

【ポイント3】照明の種類

照明の種類というと、円盤型の「シーリングライト」や、ダイニングテーブルの上などに吊り下げる「ペンダントライト」、補助的に使う「スタンドライト」「フロアライト」など色々と思い浮かべますよね。

家具屋さんなどで見かけることの多いメジャーな照明以外にも、注文住宅であればさまざまなタイプの照明を取り付けることができます。いくつか事例を見ていきましょう。

ダウンライト

ダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込むタイプの照明器具です。すっきりとした見た目が特徴で、ベースの明かりとしてよく使われます。

取付工事が必要なので、新築やリフォーム時にしか加えられない照明の一つ。照明の位置や数をあとから変えにくいので、新築されるときに家具の位置など考えてしっかり計画しておくことが大切です。

コーブ照明

コーブ照明

コーブ照明は、折り上げ天井のなかに照明を設置して天井を照らす方法。これもなかなか新築時でなければ難しい照明の一つです。

天井が高く見え、高級ホテルのような上質なインテリアになりますよね。光源が直接目に入らず、やわらかく照らすことができます。リラックスしたいリビングや、落ち着いてすごしたい寝室などに取り入れるのがおすすめです。

造作家具+間接照明

造作家具+間接照明

オーダーでつくる造作家具と間接照明を組み合わせる方法です。こちらの写真の事例では、フロートタイプのテレビボードの下に間接照明を仕込んでいます。高級感が出て、お部屋が落ち着いた雰囲気になりますよね。

このほかにも、テレビボードや棚の上に照明をつけて背面の壁をやわらかく照らしたり、仕事や学習用のデスクと照明を組み合わせたりと、さまざまな方法があります。リビングの家具はもちろん、キッチンの背面収納や、寝室の造作棚やベッドのヘッドボードなどとの組み合わせもおしゃれです。

まとめ

まとめ

同じ照明でも、照らされる面をマットにするのかツヤ感のある素材にするのかでも、雰囲気は変わります。新築時に照明と材料の関係まで考えておくと、さらにおしゃれな空間づくりができますよ。照明は最後に決めても良いのですが、「照明が映える部屋」を先にイメージしてから、間取りや内装を考えていくというのも一つの方法です。

小松ケ丘と八戸では、ジェイホームの家づくりを体感していただけるモデルハウスを公開しております。空間づくりにもこだわっておりますので、住まいづくりのヒントにしていただけるかと思います。青森県十和田市や八戸市で家を建てたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお越しください。

ご見学や資料請求など、
お気軽にご相談ください。

お気軽にお電話ください

0120-39-5050

受付時間:10時~17時 定休日:水曜日
通話無料

資料請求と来場予約で
素敵なプレゼント!

資料請求と来場予約で素敵なプレゼント!